扇風機の威力

本日は合気道眞武館島本道場の稽古指導日でした。木曜日の日立金属道場が無くなったため、眞武館の稽古としては、一週間ぶりの稽古指導となりました。

体育館に着いて、驚きましたのは、柔道場内に昨年は無かった大型の扇風機が二台設置されていた事です。

考えてみれば、昨年はあの灼熱の中、暑さ対策としては、窓の面積は大きいにもかかわらず、開放できる網戸の面積が非常に縦長で小さなデザインであり、夏場の柔道場内にこもった熱気を外部の空気と入れ替えるのには全く歯が立たないもので、それに加勢する機器といえば、家庭用の小さな換気扇が二台だけでした。

体育館の職員である体育協会の方が、わざわざ「今年は扇風機が入ったから、大いに使ってや」と丁寧に説明にお出でいただきました。お聞きしたところ、二階の剣道場と体育館にも扇風機が入り、トレーニングルームにはなんとエアコンが入ったとの事でした。

柔道場は扇風機だけですが、これだけでも昨年のように汗だくにならずに済みました。扇風機が全く入手できない状況の中、ありがたいことです。

今日の稽古参加者は、一番弟子K藤君、二番弟子S木さん、八番弟子M井さん、十一番弟子U城さん、十三番弟子U道さん、関大合気道サークルN山さんでした。

稽古の内容は、入念な体の転換の稽古の後、昨日の夏合宿での稽古内容を再現してみました。
相半身片手持ち一教押え込み、逆半身片手持ち四方投げ、逆半身両手持ち側転入り身投げ、最後に座技呼吸法で閉めました。

扇風機のおかげで本当に快適に稽古が出来ました。文明の利器の威力です。エアコンばかりがのうではありません。節電の今、時代はやはり扇風機でしょうか(^o^)b

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=329時間/127日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。