苦境

本日は都合での至誠館市役所道場の合気道稽古に参れませんでした。

実はお仕事の方で色々と苦境に立たされており、本日は昼食を取る時間も無い程、非常に緊迫したムードの会議に没頭させられました。そのため、夕方には疲れきって、帰宅時には倒れるのではないかと思わせる程の疲労感がありました。幸いJR長岡京駅で同じ高槻にお住まいの同僚と一緒になれたので彼と会話をすることで疲れを幾分か紛らわせる事が出来ました。ただ、JR高槻駅に家内に自家用車で迎えに来てもらったのですが、車を待つ間が非常につらく、どこかに寄りかかるか座り込みたい気分でした。

現在、眞武館も7月以降の木曜日の稽古場所が確保できず苦境に立たされていますが、仕事と公私共々に悩まされることが多くなっています。

ただ、人生良い時ばかりではなく、この様な苦境があるからこそ順風になった時の喜びもひとしおなのですから、苦境に立ち向かってこそ後の達成感が味わえるということです。

お仕事の方は、本当に大きな苦境ですが、ここで踏ん張らなければこれまでのサラリーマン人生が無意味になります。是非、力を尽くしてこの局面を乗り越えたいと思います。部下たちや家族の明日の笑顔を信じて頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。