合気道:至誠館と脂肪肝

本日は、昨日に続き至誠館市役所道場での稽古日でした。

本日の稽古も追加でソフトマットレスを敷き詰めるほど多くの方の稽古参加がありました。また、関大総情学部合気道サークルへの入部希望者の方や、名古屋から転勤されて参られた新規入門者の方もあり20名弱の大勢での稽古となりました。

そのような中、昨年入門された初心者の方が健康診断で脂肪肝の診断をされたとの事、思わず彼の道着の胸の「至誠館」の刺繍を指差して「脂肪肝に書き換えなあかんね」と言い放ち、「我ながら上手いこと言うたなあ」と人の不幸にもかかわらず悦に入ってしまいました。(^O^)b\(= =;)

私自身も高脂血症や高血酸症等の既往症を抱えており、武道家として恥ずかしいのですが、持病と永く仲良く暮らしていくよりほか無いので食事に気を使いながら薬のお世話になりつつ毎日のように合気道で汗をかいております。

これだけ運動をしてもなかなかよくならないのは週一回の飲酒と毎日の食事に原因があると思われるのですがそれほど暴飲暴食もしてはいないのですが・・・

稽古と仕事で食事時間が毎日9時以降と言うのも身体に悪いのかもしれません。

いずれにせよ、年も取ってきたので身体をいたわりつつ合気道を楽しむより他ありません。

(2011年本日までの稽古時間/稽古日数=226時間/88日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。