至誠館夜の幹部会(2011.05.10)

今日は、至誠館市役所道場での稽古日でした。

至誠館での稽古は、グループ単位での集団稽古となる事がおおく、しかもひとつのグループが7から8名と大人数なため、待ち時間が長く、稽古時間に比較して実際の稽古に費やできる時間は本当に短い場合が多い。

今日は、参加人数が最初少なかったこともあり、三人一組三チームでの稽古となり、結構充実した稽古が出来た。遅れてきた方々が入っても今日の稽古では、多くて5名程度での稽古となったのと、気温が非常に蒸し暑く、これとの相乗効果で大汗をかいて稽古が出来た。

稽古が終わってから気付いたのだが、稽古場としているリハーサル室の換気扇が入っておらず、地下なのでかなり空気がよどんでいたようだ。換気扇を入れたとたんにフレッシュで涼しい空気が流れ込んできた。

今日は、門川師範のご指導で横面打ちからの技の稽古となった。大汗をかいて稽古が終わり、夜の幹部会でのビールの上手さが増したようだ。

実は、今日は私の眞武館の一番弟子K藤君が一年前に入門した日で、私が師匠となって一周年の記念日でした。K藤君は確か明日が二十歳の誕生日だったかと思うので、今日至誠館に来るようなことがあったら夜の幹部会でおごってやろうと思っていたのだが、残念ながら稽古に姿を見せなかった。K藤君、残念でした。次の機会に一周年記念をやりましょう。

夜の幹部会は、「居心伝」阪急高槻市駅前店でおこなった。再来週の小豆島合宿に関する話等に花が咲き、途中参加で谷口師範もおいでになられ、大いに盛り上がった。

汗をかいた分お酒もおいしく頂けました。暖かくなって稽古でも動きやすくなってきました。いよいよ合気道のシーズンです。まあ、毎日のように稽古していると四季折々がシーズンなのですが・・・・・

(2011年本日までの稽古時間/稽古日数=224時間/87日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。