合気道:新年度

今日は4月1日エイプリールフールです。また、新年度のスタートの日で、我が社でも新入社員が入社して参りました。東北沖地震の影響で、恒例のエイプリールフール行事は自粛される企業が相次いだようです。

私の新年度スタートは、仕事のほうが忙しく、結局至誠館市役所道場での稽古には参加できませんでした。東北や北関東の方々の事を思えば、仕事があり普段の生活があるだけでも幸せです。非常に多忙な一日でしたが感謝の気持ちと震災被害者の方々への思いとで一日を閉じました。

この震災のニュースに心を奪われている間に97歳になる伯父が亡くなられていたとの連絡が従兄弟からありました。30数年前に親族の中で知る限り一番最初に癌の宣告を受けられましたが、医学療法を拒絶され、以前有名になった粉ミルク療法で癌を克服され、97歳の天寿を全うされ、最後は癌ではなく肺炎で亡くなられました。

伯父の遺言で家族葬で済まされたとの事、先だって刑事だった伯父に幼い頃、本物の警察手帳を見せていただいて感激したことを思い出したばかりでした。正義感の強かった伯父のことですので、東北の犠牲者の多くの方々で混乱するあちらの世界を見かねて勇んでいかれたのでしょう。

このように色々な想いで始まった新年度です。仕事も超大型案件の正念場です。合気道:眞武館道場も4月3日で道場開きから一年が経ちます。長男は今月17日に挙式で既に新居に移りました。次男は就活中です。

あらゆる意味で人生の転機になりそうな新年度です。新たな気持ちで乗り出したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。