芝生体育館合気道教室仕舞稽古

今日は、高槻市立芝生体育館での高槻市合気道連盟主催市民公開合気道教室の仕舞稽古でした。

いつものように朝9時からの合気杖の指導から始まり、10時からの門川師範による一般稽古への参加と言う流れでした。

合気杖の稽古では、最近大切にしている杖の素振りを入念に行い、その後、先週から取り入れた私流の組杖を指南いたしました。この組杖は徒手技と杖技、剣技の同じと違いを平行して行なうための組杖であり、これをベースに徒手技の稽古まで昇華していきたいと考えております。

結局時間不足で途中までとなりましたが、明日の古曽部防災スポーツ公園体育館での武器技稽古で最後まで稽古を作り上げたいと思います。

10時からの一般稽古も昨日の至誠館市役所道場に続き、極力大きな気を発して、体育館全体、あるいはそれ以上の天地神人和合を目指した気の和合を意識した技を繰り出すように努めました。

今日も大きな気を発することで非常に気持ちよい稽古を行なった充実感を味わえました。年も押し詰まって来ましたが、満足のいく稽古が出来る喜びをもって、愛車BMW R1150RTを駆って帰宅することが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。