人生の転機 色々なことがありました(20200512)

久しぶりの投稿です。先般このサイトに書きました様に大きな 人生の転機 が参りました。4月30日には会社を辞し、合気道 「眞武館」本部道場とする4階建てビルの購入費を支払って登記手続きを行いました。また、切迫早産で入院中の二男嫁が5月2日に四人目の孫、二男家では長男、長女につづく次女が無事誕生しました。

その後、退職に伴う手続きとして高槻市役所にて国民健康保険の資格取得届、国民年金の第一号被保険者該当届を行いに参りましたが、コロナウイルス禍下なのにもかかわらず来庁者は多く、随分と待たされることになりました。国民年金については60歳を超えていたので強制加入年齢を過ぎており手続き不要でありました。

丁寧にそれらのことを説明していただけた国民年金課の女性職員の方は職場の中では門川師範を知る最後の職員となると仰っておられました。新人時代に師範に非常にお世話になられたとの事でした。

昨日は茨木公共職業安定所にて受給資格認定を受けました。コロナウィルスの影響で雇用保険制度の説明会は中止になっており、受講しなくて良いそうで次は6月9日に最初の失業認定に参る事になりました。失業認定は4週間毎に指定されます。こちらもコロナウイルスの影響下ですが大変混雑しておりましたが、高槻市役所同様、窓口は透明ビニールで応対者と区切られ、待合でも皆さん距離をとって座られておられました。当然職員の方々はマスク着用で、その理解を求めるポスターも貼られていました。

今回の離職については色々なことがあり、二男嫁の出産前後の5月、6月の2か月は無職となる予定でしたが、結局二男家の孫は出産予定日より20日強早く生まれ、4月に幼稚園入園予定だった二男家長男もコロナウイルスの影響で6月入園に延期となったため、私の担うはずだった育爺の期間や役割は大幅に減り、直ぐにでも再就職可能となりました。

そのため、さっそく就活に臨みたいと思います。コロナウイルスの影響もありますがそもそも希望職種はなかなか無いと思いますが・・・・ 前回の再就職時もかなり難しかった経験があります。

また、昨日は「マイナポータル」にて特別定額給付金のネット申請を行いました。非常に簡単に世帯主として私の分と家内の分を申請できました。振込先の通帳のスキャンファイルとマイナンバーカード読み取り機とマイナンバーカードの事前準備が必要です。また地域によってネット申請の対応をしていないところもあるようですが「マイナポータル」で確認可能です。

明日は「パレス エミ」の外壁防水塗装工事の契約と打ち合わせです。当面このビルは外壁のみリフォームして、内装はDIYで気長に整備していくつもりです。コロナウイルスの影響ですぐに工事して新たな門下生の募集をかけても応募もないでしょうから早くて来春、それ以上先でもよいかと思っております。幸い負債は今のところないので経済状況がよくなるまで最低限必要な補修だけしてDIYを楽しみながら当面活用は据え置いておきます。

いずれにしてもコロナウイルス禍の早期解消を願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。