霊感

私には余り役に立たない霊感が2つある。

その一つは、くじや懸賞があたる時に、その発表の直前にあたったと予感がするというもの。何度か、商品獲得の発表前に当選した事を確信していた事がある。

ただ、どれくらい前にわかるかと言うとほんの一分から数十秒前である。私の名前や番号が呼ばれる直前には、もう受賞のために前に走り出ていた事が何度もある。「あっ!私だ!」と瞬間的に分かって飛び出した後に名前や番号がコールされる。これは、学校で先生に指名される直前に「びびっ」と予感がある、あの延長線上のようなものだと思える。色々な人に「何でわかったん?」と不思議がられる事だけがメリットで、全く何の役にも立たない能力である。

もう一つが、何故か身内に不幸があると自分の歯がぼろぼろに抜け落ち続ける夢をみる。私の家内も何度も驚いているが、必ずこの夢を見たと言った数日後に身内の訃報が届く。一昨日の眞武館の稽古時に義叔父の訃報が妹から届いた話しを書きましたが、これも二週間ほど前に夜中に家内をたたき起こして「入れ歯や義歯がぼろぼろ抜ける夢を今見たから身内に不幸があるぞ、ただなんで今回は自分の歯でなくて入れ歯なんやろう?」と言っていたので、またまた家内を驚かせる事になりました。義理の叔父だったので義歯だったのかと妙に二人で感心してしまいました。この能力もまったく何の役にも立ちません。

他に役立つ能力は持ってないのでしょうか?

ひょっとして、合気道での相手の攻撃の見切りぐらいには役立っているのかしら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。