昇級審査(20161209)

昨夜は合気道「眞武館」ふれあいセンター道場での合気道指導日でした。

師走に入って、門下生の皆さんはお仕事の方が大変お忙しく、T尾さんとM田さんがご出張、M下さんご夫婦もお休みでした。

昨夜はM田さんの5級昇級審査の日でしたが、あいにく受けを取っていただいたM野さんしか稽古参加者がおらず、立会人が全くおられないさみしい昇級審査となりました。

稽古の方は、私を含めて3名だけでの少数精鋭での稽古でしたので、結構激しい稽古となりました。やはり三名だけですと休む間がありませんので、技と技の間の休憩時間を十分とりながらの稽古としました。

昇級審査の方は、5級としては上出来でしたが、初心者としてまだまだ至らないところも当然ありますので不足の部分のご指摘をさせていただき、無事合格と致しました。

眞武館では、昇級昇段はそれまで行ってきた稽古の結果の棚卸とみておりますので昇級や昇段する事よりもその時点でのご自身の器量を見つめなおして頂く事に重点を置いております。審査後のコメントを真摯に受け止めて頂いて次の審査までに大きく飛躍していただければとおもいます。

さて、今度の土曜日は午前中の高槻市立芝生総合スポーツセンター体育館での高槻市合気道連盟主市民公開合気道教室のみで、午後の古曽部教室はお休みです。ですからその午後は、昨日一昨日と記載してきた「物欲」を満たす計画を致しております。今から楽しみです。

2016年の本日迄の稽古時間/稽古日数=432時間/146日

  1. 村田拓也

    ようやく5級に!まだまだだと思う反面、こうして形になった事でまた合気道愛が倍増です!ご指摘頂いた事を改めて、今後も稽古に励みます!ありがとうございました(..)

    • Hirofumi Emi

      お互いまだまだ長い合気道の道ですが、門下生の皆さんとご一緒に歩んで行けることが光栄で、非常に楽しく、又、嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。