髪切りました(20160914)

先週の土曜日の早朝と午後の二回に分けて、髪の毛を短くカットしました。

少し長めに伸ばしていたのですが、オープンカー(BENZ SLK)で真夏の炎天下での長時間走行を繰り返し、頭頂部を何度も日焼けさせたのが悪かったのか、この夏、後半から急激に頭頂部を中心に毛髪が非常に薄くなってしまいました。

長髪の側頭部と薄くなった頭頂部のコントラストの差が激しく、本来よりも余計に頭頂部が禿げ上がって見えるため、全体に短くしてみました。つまり悪あがきでごまかしてみました。

土曜日の早朝のカットで後頭部の借り上げが虎刈りになっておりましたので、午後の古曽部教室後に自宅でゆっくりともう一段短くカットしました。何度も剃刀で剃り上げようと言う欲求に駆られましたが、家内からの激しい反対表明で思いとどまりましたが、かなり短くはなりました。

実は、ここ20数年間、散髪はいつも自分で行っております。これだけ短くしたのも十数年ぶりです。

出来上がりは思ったよりも上々の出来だったので剃刀はしばらく髭剃り専用とする事にしました。
 (^O^)b

今日でカットから4日経ったのですが、なんと頭頂部や前頭部の状態が良くなったように思えます。髪の毛の洗い方をかえて、強力な握力でマッサージしていたのをやめて優しくふんわりとマッサージをするようにしたのが功を奏しているようです。

約一カ月使用してみた育毛剤も効果が出てきたようです。

これまでは洗髪後に両手の握力が抜けてしまうくらいきつくマッサージをしておりました。どうやらこれが最もいけなかったようです。

これは、実は昨年11月以来の歯科通院で歯科技工士さんに歯磨き方法を指導された際に気が付いた事なのです。歯の方も、強く磨きすぎであると指摘されて、合気道ではいつも「脱力して」と指導している私が、歯ブラシでは歯科技工士さんに「もっと脱力して」と何度も注意を受けました。

力を入れすぎると歯茎に傷をつけて歯周病に成ったり、歯のエナメル質に傷をつけて虫歯に成ったりと百害あって一利なしとなります。丁寧に磨く事と力いっぱい磨くのは違うと言う事を教わりました。

これは洗髪時のマッサージも同様で、あまりにも握力をかけてマッサージをすると頭部の毛細血管を傷つけ押しつぶしてしまって、血液の流れない血管の残骸を多く作る事になるようです。その為、そのマッサージによって血行が良くなるどころか悪くなってしまう結果を生むようです。

歯磨きの方はご指導のお陰で現在は歯は真っ白で歯茎の歯周病も全くありません。頭皮の方はどうなっていくのでしょうか?

柔らかな力での丁寧な洗髪で毛髪力を改善したいと思います。

ちなみに頭髪をショートカットした私をみて「厳つい」と思われても自覚致しておりますから、わざわざ私にご報告いただく必要はありませんので、その点、宜しくお願い致します。
 (^O^)b 結構傷ついております・・・(T^T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。