猛暑日(20160807-08)

この土日は、この夏一番の猛暑日でした。ですから、土曜日の合気道教室は、午前午後を通して、激しい汗をかいての稽古となりました。

幸い、熱中症にかかる方も一人も出さずに稽古を出来ましたが、この季節は注意が必要です。

午前中は、いつもの様に門川繁美師範のご指導で、私が受けを取らせて頂いての2時間を高槻市立芝生総合スポーツセンター体育館での合氣道の稽古でした。正面打ち一教からの展開技のご指導を受け、ふらつくような暑さの中を稽古致しました。

90歳に手が届くS山さんが、この猛暑の中、腰の故障を押して稽古されるお姿には、まだまだ若い我々は見習わなくてはなりません。

午後も激しい暑さの中、いつも通りの時間に参ったのですが、一人マットをひいて机の準備をして道場旗を掲げながら待ちましたが、45分経ってやっとK藤さんが見えられました。

結局、この日は、K藤さんとO崎さん、眞武館よりM田さんのたった3人だけでした。いつもの常連の方もきっとこの暑さで玄関先まで出ていてもあまりの暑さに躊躇されたのでしょう。私自身も指導の立場でなければいやになるような暑さでしたから。(笑)

少人数と言う事もあって、本当に基本動作のうちの基本の稽古を徹底して行わせて頂きました。この様な悪条件の中を稽古にお出で頂いたのですから、日頃お教えできていない細かな点をお教えさせて頂きました。

その様な訳で、説明時間を多くとって、動きの少ない稽古にも拘わらず汗がにじみ出て参ります。

午前中の稽古での疲れが筋肉に響いているのですが、それほど激しい稽古を午前中に行ったわけでもないので、暑い中での稽古が祟ったのと、その為に軽く熱中症にかかりかけの初期症状だったのかもしれません。

その様な酷暑の中でもなんとか5時までの稽古を無事済ませて帰宅しましたが、隣のメインアリーナでは100名前後の剣士が剣道の研鑽会を行っておられ、大きく響く太鼓の音と皆さんの気合の声が気持ちよく体育館に鳴り響いておりました。

帰り際も全員が正座されて表彰式の様な事をされておられましたが、暑い中であっても整然とした姿はすがすがしささえ感じられました。

私共合気道も負けずに頑張らなければとメインアリーナを玄関ホールから眺めながら感じ入りました。

さて、今晩は合気道「眞武館」島本道場での合気道指導です。今日も暑い日となる様ですが、今日はM田さんの初段の昇段審査の予定です。頑張ってください。

2016年の 本日迄の稽古時間/稽古日数=290時間/96日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。