歯科外来(20160719)

昨日は、久しぶりに歯科外来に参りました。6月21日からほぼ一カ月ぶりです。次回は夏季休暇最終日の8月17日の午後2時です。

現在の状態は、虫歯の治療は完了しており、前々回からは、歯のクリーニングを行っております。

20年近く、歯科医に通っていなかったのでかなり歯垢や歯の汚れが付着して歯周病に成りかけていたとの事でした。

今回、歯の磨き方を詳しくレクチャーされ、これまでも日に三回、一回の歯磨きで歯ブラシを変えて歯間磨きと音波歯ブラシで丁寧に歯磨きをしていたつもりでしたが、それに寝る前に糸ようじでの歯間の掃除を加えました。

また、ご指導により、寝る前の歯磨きはテレビを見ながらの「ながら磨き」と言う方法で時間をかけて磨くように致しました。

その結果、昨日のクリーニングで、「磨き方を変えた成果が出ており、非常に優秀」とお墨付きを頂けました。

歯や歯茎の状況も治療開始時に比べ、非常に良好な状態になったとの事で、一か月後に歯茎の検査をしてOKであれば今回の治療は終了との事でした。

自分でも歯が非常にきれいになり、白く輝いているのがわかります。それだけに毎日の歯磨きにも力が入ります。

これから年齢を経るにしたがって、何本の歯を健康な状態に保っていけるかが健康のカギとなります。

歯科医からは、私は非常に噛む力が強く、その為に歯が悪くなりやすいとの診断を受けております。歯の手入れを入念に行って死ぬまで自分の歯で食事が出来ればと思います。

歯磨き後の爽快感で歯磨きを怠る事が出来なくなりました。このまま毎回の歯磨きを楽しみながら健康な歯を維持して行きたいと思います。

17歳で親知らずをすべて抜き、阪大歯学部の歯科医に「君は歯並びが悪いから30歳で総入れ歯かも知れないよ」と言われた事を思い起こせば、来年還暦ですが、親知らず以外の歯は全て残っています。あの言葉を投げかけてくださった歯科医のお陰かもしれません。

さあ、今日も朝から口中はすっきりしています。今日も一日暑い中を頑張ってお仕事に励みましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。