道場事務(20160525)

合気道の道場経営で、最も手がかかるのが事務仕事です。私の師匠の門川繁美師範も随分以前に道場事務仕事で腱鞘炎を患われた事がありました。現在は、稽古場の申し込み等がオンラインで出来る物も増えたので、この様な事は無くなられた様ですが、道場事務が大変なのは、私同様に今も変わらずだと思われます。

私の方も腱鞘炎になるほどの事は無いのですが、出席簿の登録や昇級昇段管理、上納金や月謝、稽古場の賃借料の管理等々に多くの時間を費やさせられます。

先だっての島本道場では、出席簿の用紙の作成を失念して、前回の出席簿の裏面に出席状況を書いていただきました。このような失態は初めてです。道場事務を失念して怠っておりました。

昨夜はそのような事で、これまでの不精を回復すべく、道場事務に3時間を費やしました。

深夜に事務を終えた後しばらくは放置しておいても大丈夫なので、開放感から何やらすっきり致しました。

さて、本日は合気道「眞武館」ふれあいセンター道場での合気道指導の日です。すっきりしたところで今日も一日頑張ります。

  1. Hajime Ono

    前の会社で営業日報をPCに入力作業が有ってのですが、入力キーボード作業で左手の親指の筋が手首付近で腱鞘炎になってしまうました。
    マウスを使わずに「Alt」キーを駆使したのが原因みたいです。

    • Hirofumi Emi

      何時もの流暢な書き込みと違って、今回のコメントで文字の打ち間違いが多いのは、以前の腱鞘炎の記憶がよぎって、指が敏感に反応された為なのでしょう(^o^)b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。