孫(20160107)

年末に次男が嫁と孫の惟人を携えて帰省して参ったのですが、次男は仕事の休みが元旦しかいただけないので、嫁と孫を残して一人東舞鶴の地に帰っておりました。

本日、久しぶりに次男が戻ってまいりますが、今日か明日には一週間滞在していた孫ともお別れです。

孫に会えるのを楽しみに帰宅する毎日でしたが、その楽しみも叉、当分我慢しなければなりません。

やはり、近所に住んでいる長男家の孫の日奈乃ちゃんとは違い、余り会った事の無いじいちゃんとばあちゃんには人見知りをします。

日奈乃ちゃんも少し会わないと最初は人見知りしますから、数ヶ月に一度しか会えない惟人君では仕方がありません。

この一週間、ご機嫌が良い時は抱っこしても「きゃっきゃ」と喜んではしゃいでくれますが、一旦ご機嫌斜めになると嫁でないと泣き止ます事が出来ません。

日奈乃ちゃんの場合は私が抱くとあっという間に機嫌が良くなってくれたのですが、惟人君の場合は、私があやしても泣き叫んで駄目な場合でも嫁が抱くと嘘の様に上機嫌になります。

何とかこの一週間でじいちゃんが抱いたらご機嫌斜めが直るようにしたいと思いましたが、元旦からの風邪引きをうつしてはならないと抱っこを自粛した事もあり、昨夜も嫁の入浴中はどんなにあやしても駄目でした。

風呂上りの嫁が抱くと嘘の様にぴたりと鳴きやんで上機嫌です。やはり、母親にはかないっこありません。

次男の今日明日の予定を聞き逃したのでひょっとすると今日の帰宅後は惟人君は既にいないかもしれません。

本日の合気道「眞武館」ふれあいセンター道場での合気道の稽古は楽しみですが、家内も本日は以前からの予定でバス旅行に参っておりますので多分次男もそのまま旅行か帰宅をするのではないかと思われ寂しくもあります。

惟人君に会える次の機会が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。