初お目見え(20150427)

惟人君(誕生3日目) 満開の自宅霧島ツツジ

一昨日の25日(土)はいつもの通り、高槻市合気道連盟主催で午前中は芝生総合スポーツセンター体育館で門川師範ご指導の2時間、午後は古曽部防災公園体育館での私の4時間の合気道指導日でした。

前回のサバイバル稽古後に転倒事故を起こした愛車BMW K1600GTLは、その傷跡を見るのが怖くてなるべく視界に入れないようにしてこの一週間を過ごしていたのですが、とうとうこの日は久しぶりに愛機に跨る事になりました。

朝一番にK1600GTLのもとに参りましたところ、思ったよりも傷は浅く、自分自身の今後の為の記憶として修理せずに乗り続けることに致しました。

この日は天候も良く、絶好のバイクライディング日よりでした。

朝の風に吹かれながら芝生総合スポーツセンターまでのライディングは非常に気持ち良く、前回の転倒を忘れさせてくれました。

稽古の方は、二週間連続の合気道三昧とサバイバル稽古に続く公益財団法人大阪合気会の吹田市立洗心館武道場での合同稽古の疲れがでたのか、それとも徹夜に近い数時間の睡眠での仕事の疲れが残っているのか、古曽部での稽古でも疲れでもう一つ元気が出ませんでした。

翌日の昨日26日の日曜日も疲れが残っており、前夜コタツでまたもや気絶するように一夜を過ごしてしまい、硬い板の間での就寝となったため疲れが取れ切れていないようでした。

それでも次男家に誕生した二人目の孫、惟人君に会う為に朝からBENZ SLK200KOMPRESSORを繰り出して東舞鶴の地まで片道二時間半のドライブに参りました。

この日も快晴だった為、SLKの電動バリアルーフを全開にしてオープンカーモードで初夏の風を楽しみながら亀岡経由で京都縦貫道でのドライブとなりました。

フェアレディーZのオーナーの向かいの家の奥様がバリアルーフを開けるところを見学に来られてスポーツカーの話題でひとしきりおしゃべりしてからの出発となりました。

最近まで大学の教授であった奥様はいつも颯爽とZでお出かけされるファッショナブルでかっこ良い方です。

20代から30代前半にかけて子供の幼かった頃は、ニコンのアナログな一眼レフカメラで撮影を楽しんだ時代もあったのですが、東舞鶴で惟人君撮影の為のカメラSONY アルファー58を久しぶりに次男のお店で購入して昼食後病院に参りました。

嫁の病室に参りましたところ昼食が食べかけの跡を残したまま、嫁が見当たりません。家内と散々探した結果、病院中に響く元気な赤子の泣き声の正体が惟人君で、授乳室で授乳中でした。

初お目見えの惟人君は先月生まれた姪の第一子、奈乃羽ちゃんとそっくりでした。まるで双子のように髪の毛がふさふさとして長いところもそっくりでした。

手相の線がものすごく濃い私なのですが、初孫の日奈乃、奈乃羽、惟人といずれも手の平の線は私と同じく深く濃く、そしていずれかの手相が私と左右が違っても殆ど同じでした。本当に不思議です。

かわいい孫を、ひとしきり新しいカメラやiPhoneで撮影して、またSLKで帰宅しました。

帰りもオープンカーモードでしたが山間部やトンネルの中はまだまだ寒いくらいではありましたが、全般的には本当に季節がよく鶯の声等も聞こえてドライブ日よりでした。

さあ、29日に退院との事ですのでもう一度参らねばなりません。

ゴールデンウィークは東舞鶴で過ごす事になりそうです。

ゴールデンウィークまでのお仕事頑張ります。

画像は本日の自宅の門柱脇の霧島ツツジと惟人君です。

2015年の 本日迄の稽古時間/稽古日数=142時間/50日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。