凍て付く寒さ(20150209)

昨夜は、合気道「眞武館」島本道場での合気道指導日でした。

昨夜はこの冬一番の寒さで、本当に吹く風が顔の皮膚を突き刺すような凍て付く寒さでした。

当然、なんら暖房設備のない板の間の島本町立体育館第二体育室は、床が氷のように凍て付き、じっとしては居られないような寒さでした。

そのため、昨夜の稽古始は、いつもと変わらないのですが、杖による手首の鍛錬や杖素振りに時間を費やし、まずは身体を芯から暖めて頂きました。

杖に続けて木剣での「正面打ち一教基本動作」の鍛錬、「体の転換」の鍛錬としての「正面打ち前後斬り返し体の転換」、「体捌き」の鍛錬を兼ねた「正面打ち左右斬り返し体捌き」についても入念に行っていただき、やはり身体を暖めて準備運動としました。

昨夜の稽古は、先週木曜日から続く「逆半身片手持ち」からの展開技とし、これに「逆横面打ち」の理合と正面打ち一教基礎動作での気結びで行う「二教固め小手返し」と「三教固め」を行っていただきました。

続けて「逆半身体捌き四方投げ(裏)」を背伸ばし運動として最後に稽古いただいて昨日の稽古を終えました。

古曽部で四時間かけて行う稽古を二時間で行うのですから大変です。休憩なしで二時間の稽古を終えましたが、寒いためかどなたも苦情を申しません。身体が温まったところで更衣をしつつヒューストン土産のチョコレートケーキの駄菓子を体育館の事務局の体育協会の方々にもお裾分けをしてみんなで食しました。

帰りのJR島本駅までの道すがらも、先に記しました様に、頬に凍て付く寒風が鋭く突き刺すような痛さと耳が千切れるような痛さをこらえながら、帰路に着きました。

本当に寒い一日でしたが、稽古の間は寒さも忘れて楽しむ事が出来ました。やはり合気道は本当に楽しいです。

稽古参加者は、月曜日は久しぶりの参加となった一番弟子K藤君、三番弟子TJさん、五番弟子T尾さん、六番弟子M野さん、八番弟子T野君、十二番弟子Y田さんでした。

2015年の 本日迄の稽古時間/稽古日数=36時間/12日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。