合気道「眞武館」ふれあいセンター道場(20141106)

昨夜は合気道「眞武館」ふれあいセンター道場での稽古指導日でした。

一番乗りは八番弟子T野君で、久しぶりに元気が出てきた様です。逆に十二番弟子のY田さんが今週初めから風邪をひかれていたとの事で、私が持ち込んだ風邪が眞武館に蔓延した様ですが、これでひと段落したのでしょうか?

昨日の稽古参加者は一番弟子K藤君、十一番弟子A正さん、十二番弟子Y田さん、至誠館からM田さんでした。

この日も相半身交差持ち体の転換一教腕押さえからの基礎稽古としました。

これで二週間この稽古ばかりを致しておりますが、初心者の方々にはなかなか難しい様でもう暫くは続ける必要がある様です。

通常の腕押さえに続けて片手の結びだけで行う離れない手による抑え込み、触れられた瞬間に受けを反転させる自己の全身動作の結びと受けの全身動作の結びによる技へと展開し、相半身交差持ち体の転換一教動作入り身投げに技を変えて、その後、逆半身片手持ち体の転換二教持ち一教動作腕押さえとしました。

この技はアニメ・ドラゴンボールでの悟空の有名な決め技「カメハメハ」を模範として大きな気を放出させての技出しとして頂きました。この指導方法は随分昔、ヘック高槻(現在のアイランド高槻)道場で門川師範の代稽古をさせて頂いた頃から行っている私自身お気に入りの指導方法です。

この技から逆半身片手持ち体の転換肩取り二教へと展開したのですが痛みのある技が皆さんお好きな様で、痛みに顔をゆがめながらも非常に楽しそうに稽古されておられました

最後に天地投げを行って頂きこの日の稽古を終えました。

基本技の稽古ばかりが続く日々ですが、先ず基礎作りをしっかり行う事からやり直す事に決めましたので門下生の皆さんには暫くお付き合い頂きたいと思います。

毎回同じ様な稽古ですが、毎回違った角度での理合や大先生の道歌等を紹介させて頂いての稽古と致しておりますので出来れば毎回稽古にご参加頂く方が後々「教えていただいたことが無い」と言うような事が起こらないと思いますので宜しくお願いします。

さて、明日は合気道教室での6時間に亘る稽古です。楽しみです。古曽部教室への多数のご参加をお願い致します。他道場の方でも問題ありませんので武器技に興味のある方は杖・木剣をご持参頂くか、無ければ本数に制限がありますがお貸しするものも数振り用意いたしておりますのでご遠慮なくおいで下さい。

結局昨夜も気絶するように10時半頃からソファーで3時半まで転寝してしまいました。まだ、コタツを出していないのでコタツの出番が来ると、この転寝の悪い癖はますます・・・・

門下生の皆さんや会社での部下の皆さんにもご迷惑をおかけいたしますので風邪をひかないように布団で寝るよう気をつけたいと思います。(^^;

2014年の 本日迄の稽古時間/稽古日数=386時間/130日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。