市民公開合気道教室(20140823)

23日土曜日はいつものように午前中は門川師範のご指導による高槻市立芝生総合スポーツセンター体育館、午後は私の指導による古曽部防災公園体育館での高槻市民公開合気道教室の稽古日でした。

ここ数日は非常に空模様が荒れており、この日もバイクでの出陣をあきらめました。8月には入ってから一度もバイクに跨っておりません。このまま9月のOBツーリングに突入してしまうのでしょうか?

それよりもこの大雨が続くとOBツーリング自体の開催が危ぶまれます。山中でのキャンプですので鉄砲水や土砂崩れも危ぶまれます。なんとか天候が回復しますように祈るほか無いようです。

まあ、土砂崩れ災害の被災者の方々のご苦労を考えればツーリングくらいは致し方がないとも思います。

被災地の皆様のご心痛を察します。一日も早い復旧をお祈りします。その為にも天候が回復するように祈念します。

さて、稽古の方は午前午後とも快適に行うことが出来ましたが、午前の稽古を終えて自宅へオープンカーモードでベンツSLKを走らせておりますと、市役所を超えたあたりから自宅より北側(山側)に真っ黒な雲が異様な雰囲気をかもし出しております。

そろそろ電動のバリオルーフを閉じたほうがよいかなと思いつつJR高槻駅西口の高架下のトンネルにさしかかろうとしたところで「ボトン、ボトン」と超大粒の雨が落ちてきだしました。

ガード下のトンネルで一時停止してバリオルーフを閉じようかとも思ったのですが、まだ降り始めなので、トンネルを出たところの信号でどのみち停止だろうからそこでと思ってトンネルを走りぬけたとたんに

「バリバリバリバリ・・・」と激しい雨音と共に豪雨になりました。

信号で予想通り止まったのでそこでバリオルーフを閉じたのですが、22秒と高速で閉じる事が自慢のSLKのルーフもこの激しい雨には役立たずでした。一瞬で社内はびしょびしょになりました。

皮のシートが濡れたままだと痛むので信号待ちの間に手持ちのウェスで吹き去りましたがいたるところびしょ濡れです。私自身もびしょびしょでした。

K1600GTLで来なくてよかったとも思いましたが、これだけ濡れれば同じだったかもしれません。

自宅にたどり着くと雨はそこでようやく止みました。激しい通り雨だったようです。

日曜日には長男家族が遊びに来てくれたのですが、大雨警報や女瀬川や茨木川周辺の一次非難情報が発令され、亡き母のお世話になっていた特別老人ホームの近隣が崖崩れの恐れがあると公民館への避難勧告が出たりしました。

我が家でもガレージ上部の花壇から雨水が滝のように振り落ちており、家を購入して以来初めて見る光景でした。

未だ安岡寺町6丁目の崖崩れ避難勧告は解除されておりませんので今後の天候の行くえが心配されるところです。

先にも書きましたが本当に一日も早い天候の回復を祈念致します。

2014年の 本日迄の稽古時間/稽古日数=295時間/99日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。