少年部(20140306)

昨日は合気道「眞武館」ふれあいセンター道場での稽古指導日であった。

眞武館では現在3名の少年部会員が稽古に勤しんでいる。

八番弟子N田さんのお子さんである十一番弟子T玖君と十二番弟子Y里君、九番弟子M野さんのお子さんのSちゃんである。

昨夜の稽古もいつの間にかこの三名を中心に稽古をしているような感じになっていた。

眞武館はいつも子供たちの声が絶え間ないのが一つの特徴になってきた。他の道場のように大人と子供を分けて稽古するようなことはせず、老若男女一緒に楽しく稽古をしている。

「教える事は学ぶ事」とは故田中万川師範から門川師範への教えであり、私も三級の時に門川師範から「江見さんは教えて上達するタイプだからどんどん指導して下さい」と仰っていただいて今に至っている。

子供たちとの稽古では子供たちから教わる事が多々ある。

子供だからと侮ると技が効かなかったり、逆に思わぬところで崩されてしまったりする。

子供たちが混じっての稽古に大人の門下生たちが不満を持つのではないかと当初心配したが、学生たちも子供達の思わぬ能力や抵抗力に驚いたり感心しながら何とか技をかけようと工夫したりして楽しく稽古されている。

この子供たちが先行き成長して道場がどうなって行くのか楽しみでもある。

2014年の本日までの稽古時間/稽古日数=80時間/30日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。