体験稽古希望者

今日の高槻市立古曽部防災スポーツ公園体育館での市民合気道公開教室は、レギュラーメンバーの参加は二人だけであった。主要レギュラーメンバーであるOさんとM田さんがいずれも鎖骨骨折と左手中・人差し指の剥離骨折・靭帯損傷で約二ヶ月の安静療養となったため参加人数が寂しいことになってしまった。(お二人とも合気道による怪我では決してありませんのであしからず)

おまけに新人のH口さんやベテランの鉄人さんもお仕事でお休み、愛弟子K君も大学の旅行サークルの初催し参加でお休みでした。

レギュラー人としてはD大合気道部NコーチとM坂屋道場のI東さんが参加してくださった。

今日は、二男と二男のバイト仲間が体験稽古にお出でいただけた。二男はM坂屋道場の少年部で小学校の6年間修業し、少年部初段級であったが、大学3年になった今、9年ぶりの合気道である。

中学校からの友人のM栗君もバイト仲間として参加してくださった。今回の参加は彼の発案らしく、中学時代は柔道部、高校でラグビーの経験がある。さすがに物覚えが良いことも手伝って、初めての合気道であるにもかかわらず体の転換や片手持ち一教押さえ込みや入身投げ、二教の同技も無難にこなしていた。

最後に女性のOさん、バイト先の先輩と言うことであったが、私よりも長身で運動能力も高いご様子で、こちらも合気道初日とは思えない動きであった。

今日の稽古はこのように体験稽古の皆さんに支えられた稽古となったが、最後におこなった、片手持ちからの小手返しについては、二男とM栗君を相手に手抜きをしない稽古が出来たので私自身も楽しめた。二人は運動能力が高いのか、しっかり私のスピードについてきてくれた。皆さんが今後も参加していただければ非常に嬉しいのですが、それぞれどのようなご感想だったのか気になるところです。

ベテランのお二人にはここのところ、ビギナーの方中心となり基礎稽古ばかりで申し訳なく思いますが、いずれビギナーの方々も上達して、良い稽古相手に成長されるので今しばらくご辛抱願います。m(_’_)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。