演武大祭出場予定者(20131003)

昨夜は合気道「眞武館」ふれあいセンター道場の稽古指導日でした。

昨夜の稽古参加者は、

一番弟子K藤君、四番弟子H本君、五番弟子T尾さん、八番弟子N田さん、九番弟子M野さん、十一番弟子T玖君、十二番弟子Y里君、十四番弟子Sちゃん、至誠館からの出稽古INI君でした。

昨日は10月27日(日)開催予定の高槻市合気道連盟主催「第19回合気道演武大祭」の出場者の一部が決定しました。

  1. 一番弟子K藤君:受け=至誠館INI君
  2. 四番弟子H本君:受け=一番弟子K藤君
  3. 五番弟子T尾さん:受け=一番弟子K藤君
  4. 八番弟子N田さん:受け=二番弟子S木さん(十一番弟子T玖君、十二番弟子Y里君との親顧炎武)
  5. 九番弟子M野さん:受け=一番弟子K藤君、四番弟子H本君、五番弟子T尾さん,(十四番弟子Sちゃんを守る親子演武)

昨夜の稽古参加者分は決定しましたが、三番弟子TJさん、十番弟子M田さん、十三番弟子N山さんが多分参加されますが未確認です。

私自身はまたぶっつけ本番で参加予定です。

昨日の稽古は気結びでの正面打ち一教抑え込みと正面打ち一教抑え込みから肩持ち二教への展開技の稽古を入念に行いました。

一教動作を斬り上げ動作として、抑え込み動作を斬りおとし動作として結びによる腕押さえの感覚を体現していただく稽古としました。

いかに触れた瞬間に相手の手刀に結びを入れてぶつからないように斬り下ろしていくか昨夜の稽古の課題であり、肩持ち二教では相手の手刀へ肩口で結びを入れ、例え握り手が無くても肩の結びだけで二教固めが極まる様に指導させていただきました。

たった二つだけの技でしたが、ゆっくりとした動作での結び技にも拘らず、皆さん額から汗が吹き出しておられました。

気結びの技は脱力した力みの無い手刀や身体で行うものですが、無駄な力みが入ると大変なエネルギーのロスがあるようです。そのため、ゆっくりとした動作にも拘らず大汗をかかれるようです。

合気道⇐結びの御技⇐力まない⇐自然体⇐平常心⇐徒に競い合わない⇐正勝吾勝勝速日⇐合気道

と言う関係でしょうか。

2013年の本日までの稽古時間/稽古日数=347時間/121日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。