合気道「眞武館」少年部(20130829)

一昨日の29日(金)は、合気道「眞武館」ふれあいセンター道場での稽古指導日でした。

眞武館では老若男女混合で小学生から74歳までが一緒に稽古を致しており、これまでは八番弟子N田さんのご子息である十一番弟子T玖君と十二番弟子Y里くんが小学生として門人登録をして下さっておりました。

この日は九番弟子Mのさんのご令嬢、小学校一年生のSさんが新規入門下さいました。

少年部が活気が出て嬉しい限りです。

受身や体の転換の基本動作をマンツーマンで十四番弟子Sさんにお教えしながらの稽古指導となりました。

最初の前後斬り返し正面打ち体の転換から一人対の転換、通常の二人での体の転換は一番弟子K藤君に指導を任せ、新しい門人に前述のように基礎動作の稽古をつけました。

恥ずかしがり屋のSちゃんも何とか私の指導についてきてくれます。

後受身や前回り受身が出来るようになったところで、N田家の兄弟を交えて、相半身交差持ち一教押え込みで前受身の稽古、交差持ち裏の四方投げで後受身の稽古をして頂きました。

いつもは兄弟喧嘩をしながらのN田兄弟もSちゃんには丁寧に優しく技をかけ、また、かけられています。

稽古に先立って、ビギナーのSちゃんを上手く導くように指導しましたが完璧にこなしてくれています。

やはり、色々な人と交わって稽古する事が成長に繋がるのだと実感しました。

この日の稽古には、一番弟子K籐君、四番弟子H本君、五番弟子T尾さん、八番弟子N田さん、九番弟子M野さん、十一番弟子T玖君、十二番弟子Y里君、十四番弟子Sちゃんでした。

稽古終了間際にお仕事でお忙しい二番弟子S木さんが稽古料を握り締めてわざわざ駆けつけて下さいました。

お忙しいのに申し訳ありません。新しい妹弟子が出来たことを喜んでいただくことが出来ました。

2013年の本日までの稽古時間/稽古日数=297時間/106日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。