合気道「眞武館」ふれあいセンター道場(20130808)

昨夜は合気道「眞武館」ふれあいセンター道場での合気道の稽古指導日でした。

昨日は、仕事の方で二つの企画の経営層に対するプレゼンテーションがあったのですが、いずれも玉砕状態でした。

おかげで折角用意した夏季休暇明けの経営承認会議の資料も不要になりました。

昨日は本当に私にとって本当に日が悪かったようです。

予定したものがことごとく駄目出しを出されてしまいました。

ふれあいセンター道場も朝の出社前の忙しい中をバタバタと慌ただしく用意してお渡しするのを楽しみにしていた少年部用の色帯も一家が欠席された為お渡しする事が出来ませんでした。

やはり昨日は私にとって何もかも予定した事がことごとく駄目になる日だったようです。

さて、夏季休暇まで本日一日を残すばかりとなりました。

日の悪かった昨日、我が部にクレームが入りました。後ろ向きの仕事ですが、そのクレームの処理をしなくてはなりません。休み前の一日が後ろ向きに過ぎて行く様です。

悪い日もあればよい日もあるのですからめげずに本日も楽しく仕事をこなし、出来れば久しぶりに夕方には至誠館の稽古にも参りたいと思います。

さて、昨日のふれあいセンター道場での稽古ですが、稽古参加者はたった二名で九番弟子のM野さん、十番弟子のM田さんでした。

稽古内容は、

  1. 体の転換
    1. 前後斬り返し正面打ち体の転換
    2. 体の転換(一人稽古)
    3. 体の転換(二人稽古)
      1. 姿勢の矯正
      2. 転換動作と緊張の緩和
      3. 歩みの矯正
  2. 徒手技
    1. 逆半身片手持ち二教抑え込み
    2. 逆半身片手持ち二教入り身投げ
    3. 天地投げ

としました。前述のように体の転換では基礎動作の矯正を行う為に時間を費やしました。

参加人数が少ない時はじっくりと基本動作や基礎動作の指導が出来るところが良い点です。少ない参加者を嘆く事無く、良いチャンスとして積極的な指導を心掛けたいと思います。

その事が、折角稽古に参加して頂いた方へのお礼の気持ちにもなると考えております。

お盆に掛けてますます参加者が減るかも知れませんが、お出で頂けた門下生の方々には出来るだけ手取り足取り、日頃行いたくてもなかなか出来ない個人指導をさせて頂きたいと思います。

(2013年の本日までの稽古時間/稽古日数=269時間/98日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。