合気道「眞武館」島本道場(20130528)

昨日は合気道「眞武館」島本道場での稽古指導日でした。

稽古参加者は、一番弟子K藤君と二番弟子S木さん、四番弟子H本君、八番弟子N田さん、十一番弟子T玖君と十二番弟子Y里君でした。

稽古の内容は、

  1. 杖を用いた手首の鍛錬
  2. 杖回し
  3. 杖捌き
  4. 杖素振り(正面打ち八双返し後ろ下段突下段返し)
  5. 五狐の剣
  6. 禊の大刀
  7. 31式型杖
  8. 飛び受身の稽古
  9. 前回り受身の稽古
  10. 相半身交差持ち一教からの回転投げ
  11. 杖を用いての後ろ受身の稽古
  12. 杖を用いての前回り受身の稽古

でした。

五番弟子T尾さんは先日の左足の親指の爪の剥離で暫くお休みになりました。スポーツ傷害保険の請求手続き門川師範にお願いして進んでおりますのでお大事に。

稽古後、「今日の稽古は技の種類は少なかったけれど受け身の稽古が多かったので何時もより運動量が多かったような気がします。」との一番弟子K藤君と四番弟子H本君の若い二人の感想だったのですが、たまには受け身の稽古を集中的にやるのも良いものです。特に回転受け身は内臓の天地が逆さまになり、普段の生活にはありえない状態になるので内臓を支える筋肉が鍛えられて健康にも良いと門川師範が普段から良く仰っておられます。合気道で健康になる。基本なのではないでしょうか。

追記:昨日の「昇段祝い会」に画像を追加しましたのでご覧下さい。

(2013年の本日までの稽古時間/稽古日数=168時間/65日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。