春眠暁を覚えず(2013.4.11)

昨夜も遅くまで社に居残ったため合気道「至誠館」市役所道場の稽古には参れませんでした。

最近は正月以来ほとんど至誠館の稽古には参加できておりません。社の部門行事で2週間後の4月25日(木)の合気道「眞武館」ふれあいセンター道場の稽古指導も出来無い事になりました。

一番弟子K藤君が有段者になりましたので代稽古をお願いしました。これまでも二度ほど代稽古をお願いしておりますが、評判も良く立派に勤めを果たしていただけており安心してお願い出来ます。勝手を致しますがよろしくお願い致します。

さて、表題の「春眠暁を覚えず」ですが、以前より帰宅後遅い夕食を食べながら録画したNHK連続テレビドラマを見終わるといつの間にか気絶するように炬燵で転寝をしておりました。

それが春になって一段と顕著になって、ほぼ毎晩炬燵での転寝を繰り返しております。

「春眠暁を覚えず」とは春の気持ちよさにうっかり寝過ごしやすいと言うような解釈が一般的ですが、春は夜明けが早くなるので夜明けを見ることが出来なくなったと言う様な解釈説もあるようです。

私の場合は毎朝5時起きですので、どちらの説でも無く、春は心地よく気絶するように転寝をしてしまって深夜(2時頃)に一度目覚め、布団にもぐりこんで二度寝で5時に起きるといった状況です。

いずれにしてもうっかり寝過ごす事は無いのですが、転寝派には風邪をひく恐れも少なくなり心地よく転寝できる最高のシーズンです。

ただ、遅い夕食後に直ぐに眠るのでお腹周りが驚くほど・・・・・・が難点です。

合気道の稽古日数も減っておりますので、いくら土曜日に6時間稽古を行ってもお腹の成長には追いつきません。近年まれに見る成長率です。これもアベノミックス効果かと疑う・・・
(^o^)b\(==; なんでやねん

健康に害の無い様にこの忙しい日々を何とか乗り切りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。