2013年緑地公園住宅道場稽古始め

昨夜は合気道「眞武館」緑地公園住宅道場の稽古始めでした。来週の木曜日も緑地公園住宅集会所での稽古ですのでふれあいセンター道場は、再来週の24日まで稽古始めはお預けです。

昨日の稽古には一番弟子K藤君、九番弟子N田さん、十番弟子M野さん、十三番弟子T玖君が参加していただけました。

昨日の稽古では、今年一年を「神地人合一和合の合気道」を目指し、「気合せ」「気結び」に重点を置いた稽古とするため、先ずは「気合せ、気結び」による体の転換の稽古から始めました。

初心に帰って体の転換の理合いや基本の型作りから初め、いつもの正面打ち前後斬り返し体の転換を取り入れて本日の最初の技である「正面打ち一教腕押さえ」のベース作りをしました。

受けの稽古では「受けは取りの挙動の全てを見切り、取りと気合せ気結びする事が第一義の稽古」とさせていただき、音なしの剣での正面打ち一教の鍛錬を致しました。

続けて「正面打ち入り身投げ(表)」に繋げました。表の入り身投げは体の転換から入り身に切り替えるタイミングが初心者には難しいのですが至誠館の門川師範の真骨頂でもありますので眞武館の入り身投げも表に重点を置こうと考えております。

最後に天地投げの稽古で閉めましたが、入り身投げも天地投げも「受けを労りいとおしむ心」で技を行うように指導させていただきました。相手を大事にする心が無いと和合は出来ません。

稽古の間、N田親子の仲睦まじい姿がほほえましく、本当の良い関係の親子だといつも感心させられます。稽古後に一番弟子K藤君のジョギングコースでいつも懸垂のトレーニングをしている場所でT玖君に懸垂を見せるからとN田親子とK藤君が仲良く自転車で走り去る姿を見送りJR山崎駅までの帰路を歩きました。

凍てつく山崎の西国街道でしたが、なんだか心があったまる三人の後姿でした。

2013年の本日までの稽古時間/稽古日数=9時間/4日)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。