貞子を助けた?

家内から聞いた話なのですが、次男が一昨日、少しお酒を飲んで深夜に帰宅途中に不思議なものと遭遇したそうです。不思議と言うより気持ちの悪い、不気味なものです。

ほろ酔いで帰宅の為に近所まで帰ってきたところ、貞子のような髪の長い生き物が、まるで貞子がモニターから出てくるような格好で道路脇の側溝から這い上がろうともがいていて、あまりに気持ち悪くて警察を呼んだとの事。

結局、酔った女性が側溝に転落して這い上がろうともがいていたとの事だったのですが、本当に気持ち悪くて怖かったようです。件の女性は警察が助け上げると正気に戻って近所だからと自力で帰って行ったそうです。

不思議な事もあるものです。

さて、木曜日は合気道「眞武館」緑地公園住宅道場での合気道指導日でした。
この道場へはサントリーヤマザキ醸造所で有名なJR山崎駅で下車しなければならないのですが、ついつい体育館のあるひとつ先の島本駅まで乗り過ごしてしまいました。この日は恒例のようになったJRの遅れで戻る列車がなかなか来ず、稽古開始時間に間に合いませんでした。

この日の稽古には、一番弟子K藤君、二番弟子S木さん、十六番弟子N田さん親子が参加してくれました。

いつもの準備体操と禊の後、前後斬り返し正面打ち体の変換、一人体の転換、二人組体の転換の稽古を行い、演武大会の為、さらに基本動作をしっかりするようにと網代歩きや体捌きを十分に稽古頂き、全ての技の基本動作となる相半身交差持ち一教押さえ込みを行いました。

休憩を挟んで、N田親子とK藤君・S木さんの二組に分かれ、それぞれ演武の稽古をしていただきました。

N田さん親子は親子演武です。14日の大阪合気会、21日の高槻市合気道連盟の両方で親子演武をご披露いただける予定です。

K藤君も同じく両日参加ですが、S木さんはお仕事の都合で21日のみです。

この日の稽古ではS木さんにK藤君が手取り足取りで演武技を伝授していました。親子ほど歳の差がありますが、こちらも親子演武のようです。(^^)b

N田さん親子の方もほほえましい演武となりそうです。

さて、本日も仕事が忙しく、朝から滋賀県へ出張で、夜も遅くまで居残りでした。今日も至誠館の稽古には参れませんでした。明日の芝生での合気道教室が楽しみです。稽古後は休日出勤です。

明後日の演武はやはりぶっつけ本番となりそうです。

(2012年の本日までの稽古時間/稽古日数=376時間/157日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。