ふれあいセンター道場(2012.09.19)

昨夜は、合気道「眞武館」ふれあいセンター道場での稽古指導日でした。

昨夜は、十六番弟子N田さんと十九番弟子TJさんのお二人だけの稽古参加でしたが、先週からお子さんも一緒に稽古を行うように致しましたのでN田さんのお二人のお子さんも一緒に稽古をしていただきました。

いつもの準備運体操と「天の鳥船」、「振魂」の禊を行い、正面打ち前後斬り返し体の転換運動、一人対の転換運動、二人組体の転換運動を行いました。

東京でも少年部合気道をされていたN田さんのお子さんが、禊の行は東京でもやっていたとの事でお母さんに負けない大きな掛け声で行じていただけました。

続いて膝行の稽古も行ったのですが、これもお子さんたちが華麗にこなされ、東京での少年部合気道の成果を発揮されました。お二人は現在も島本町のスポーツ少年団合気道で稽古を続けられているのである意味安心です。

膝行に続いて「網代歩き」、その応用で「相半身交差持ち一教押さえ込み」の稽古を行い休憩と致しました。

ここでやはり大人との稽古に飽きが来たのか、休憩時間中に読書を始められたので、お子さんたちの稽古はここまでとし、お母さんから休憩時間中に天地投げについて質問がありましたので休憩後はその稽古としました。

先ずは地の手の基礎稽古として「逆半身片手持ち隅落し」の稽古から入り、続いて弓手を用いた天の手の結びについて解説して稽古頂いた後、天地をあわせて「天地投げ」表と裏を稽古いただきました。

男性最年少者のお子様と女性最高齢者が混在し、母子での合気道もあいまって和気藹々とした稽古となりました。

昨夜は水曜日を稽古日とした最終日でした。来週からは月木が稽古日となります。明日金曜日も稽古は有りません。色々と模索が続く状況ですが、門下生の皆さんが楽しく稽古が出来る環境づくりに精を出して行きたいと思います。

(2012年の本日までの稽古時間/稽古日数=361時間/150日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。