恩師

昨夜は合気道「至誠館」市役所道場の稽古日でした。

高槻市役所に着くと門川師範をはじめ、インドネシアのマルセル等数名がエレベータでリハーサル室から上がってこられた。なにやらあわただしいご様子。

お聞きするとインドネシアからの門下生が携帯電話をリハーサル室に昨日忘れたらしいのだがそれが見当たらないとの事、守衛室が巡回中で鍵がかかっており調べていただけない。

先に着替えようとリハーサル室へとエレベータで下りると、そこに巡回中の守衛さんがおられましたので事情をお話して守衛室前で待たれている師範の下へ急いでいただきました。

リハーサル室で着替えを済ませても師範ご一行は戻られません。仕方なく一人でリハーサル室内を探してみましたが見つかりません。

ちょうどリハーサル室内での探し物を一周したところで師範が戻ってこられました。師範に話しかけたところで重ねた折りたたみ机の間にアイフォンを見つけました。

一騒動が一段落しましたが今度はマルセルが戻ってきません。聞くと道着を忘れたとの事で帰ってしまったとの事。何かおかしな稽古始まりでした。

実は、本日木曜日の緑地公園集会所の稽古も突然葬式の予定が入って利用できなくなり、門下生の皆さんに連絡を取ったのですが、至誠館から来られるK村さん、N江さん、S水くんと連絡が取れなかったので、今日の稽古にこれらの方が来られるかどうかを心配しながら稽古に参りました。

稽古前に一悶着ありましたが、最近はお忙しいため結局普段なかなか至誠館の稽古でお目にかかれない方も奇跡的に来られ、全員に本日の稽古中止を伝える事が出来ました。

さて、表題の「 恩師 」についてですが、先だって眞武館道場開き以来お世話になった方々のお名前を列記致しましたが、肝心な方を書いておりませんでした。お世話になるのが当たり前になりすぎてうっかりして失念しており非常に反省しております。

当然、「 恩師 」とは門川師範の事です。

眞武館の初期の頃は島本道場でも古曽部でも一緒に畳やマットの敷設からお手伝い頂き、一番弟子のK藤君入門時は、門川師範と私と二人の師範に同時に手取り足取りで指導を受けるような状況になるまでお手伝い頂きました。

そもそも、道場を運営させていただくために公益法人大阪合気会の許諾を得られた事も師範のおかげですし、弟子の中で唯一道場運営をさせていただいてもおります。

入門以来、数々の私のわがままをお聞き頂きました。稽古時間が少ないからと合気学校だけで飽き足らず他道場にも重複して入門したいと言う私のわがままから、市役所道場や土曜日の合気道教室を始めて稽古時間を大幅に増やしていただいた事も忘れられないご恩です。

これだけのご恩が最近は当たり前のように感じていたふしがあります。罰当たりな事です。言い訳をさせていただけるのであれば、言い尽くされた陳腐な表現ですが、長いお付き合いになり、空気のような存在になったのかもしれません。在って当たり前、なくなると死んでしまいます。

本当に「 恩師 」師範には感謝しても仕切れません。先だっての感謝の記事をお読みになられても「おれの事が書かれていない」等と思われるような師範では無い事は承知しておりますが、それにしても不肖の弟子で申し訳ありません。はっと気づいてあせりました。本当に心より感謝しております。眞武館もある程度波に乗って参りましたが、師範の不肖の弟子と、孫弟子の道場としてこれからも暖かく見守っていただければ幸甚です。

2012年の本日までの稽古時間/稽古日数=246時間/99日)

  1. NOKUSEKU

    本日の緑地公園でのお稽古が中止との事…。
    とても、残念です…。
    緑地公園でのお稽古は、ふだん伝授して頂けない様な、細やかで繊細な合気道の技を丁寧に江見師範から教えて頂けるので、私は、とても嬉しく楽しめるお稽古です!!
    それに、緑地公園道場の近くには、「昭和湯」という銭湯があり、先日、お稽古の帰りによってみたのですが、その名の通り!!「昭和」の懐かしく温かい雰囲気のとても素晴らしい銭湯でした!!
    でも、緑地公園道場が無くなる??みたいですね…。
    大好きな合気道のお稽古の帰りに、大好きなお風呂に入り、これこそ「至福のひととき」でした!!
    ここの所、ほんとうに仕事が忙しく、時間が嵐の様に過ぎていきます…。

    • 忙しすぎて合宿参加断念されたとの事、かおりさんからお聞きしました。

      張り切っておられただけに残念ですが、もう一人の参加表明者のN田さんは、お聞きになられたかも知れませんがえらい事になっておられます。

      是非とも姉弟子として慰めてあげてください。

      お風呂の至福のひと時を奪ってしまいましたが、それ以上に稽古を充実していきたいと思いますので今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。