第三十七回指導者勉強会

昨日は、このたび公式に公益財団法人として認可された(財)大阪合気会の本部道場での第三十七回指導者勉強会でした。

総勢40名弱の大阪合気会傘下道場の高段者が集っての勉強会です。私は「眞武館」道場長として道場長クラスの末席で稽古をさせていただきました。

道場長クラスでは年齢的にもキャリア的にも私が最も若く、入門時からお教え頂いて来た師範の方々に混じっての稽古ですので最初から緊張からか肩の力が抜けませんでした。

普段道場では脱力が大事と教えながら、普段出来ている事ができません。死ぬまで修行の覚悟はありますが、やはりこの様な場では自分の至らなさ、修行不足を痛感致します。

今の自分の力量の棚卸しとしてもこの勉強会は非常に勉強になります。先生方の言葉ではなく、稽古そのものからお教えいただく無言の教えを身をもって感じながらの稽古となりました。

三階で行われたサブクラスの方は、今回参加人数が圧倒的に多く、7名から9名一組になっての稽古でなかなか順番が回ってこなかったと言う事でしたが、二階の道場長クラスは、参加人数に毎回の変動がほとんどありません。

最初の技では4名で、しかも尊敬する先生方との稽古でしたので力が抜け切れず緊張もあいまって、この最初の稽古で体力を消耗し、汗で手ぬぐいが絞れるほどびしょびしょになりました。

11時から始まった稽古も13時に終了し、稽古後の懇親会の楽しい時間となりました。

大汗をかいた後のビールをおいしいお弁当とともに頂き、他道場の方々と合気道談義にはなを咲かせました。

帰宅後は特老の母を見舞った後、昼間のビールにすっかり酔いが回り、一眠りしてしまいました。

今年のゴールデンウィークは、今年も稽古で終えました。バイクに乗れなかったのが悔やまれますが、今週末は「小豆島合宿」で久しぶりにバイクで参る予定です。

今週も合宿に向けて仕事に励みます。

(2012年の本日までの稽古時間/稽古日数=156時間/60日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。