季節の変わり目

まだ、体調のすぐれない日々が続いております。

考えてみると幼い頃から、このシーズン。春の季節の変わり目には、今回のような体調不良となる事が多かったように思えます。

最近でも眼病になって失明しかけたのも数年前の今時分だったと記憶しています。

春は新年度が始まって、精神的なストレスも多いのでしょうが、元来幼い頃は、がりがりのやせっぽちで虚弱であった私は耳鼻咽喉科系の疾病を中心に春先に症状が悪化する事が多かったようです。高校一年の春には急性副鼻腔炎で入院手術していますし、中耳炎を何度も患ったのも春先でした。幼稚園の上級の時には注射が全く怖くないほど医者通いに慣れていました。腕やおしりどころか耳の中にまでも何度も痛い注射をされていたのでたいていの注射は大丈夫でした。幼稚園や小学校での予防接種で泣いている多くの友達の態度が不思議に感じる程、注射は日常的な行為でした。

今回も、一度直ったと思われた喉がまたやられているようです。えへん虫が治まりません。咳も再発しております。身体はけだるく、微熱が続いています。いくら眠っても疲れが取れません。早く回復しなくてはと気持ちばかりが焦ります。

私にとって春は大好きなシーズンですが、なぜか体調不良に陥る悩めかしい季節でもあります。

幼い頃から、母や父から季節の変わり目は気をつけろと注意されておりましたのも懐かしい事です。

合気道の修行で病気なんかと言う気持ちもありますが・・・・
まだまだ修行が足りない様です。早く普段の体調に戻りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。