新規入門者

本日は合気道眞武館島本道場の稽古指導日でした。

昨日の第17回高槻市合気道連盟演武大祭の興奮も冷めやまぬ本日の稽古は、12名もの多くの参加で活気が溢れた稽古となりました。

本日は、見学者のN田さん、体験稽古二回目のT浜さんをくわえ、一番弟子K藤君、二番弟子S木さん、四番弟子TJさん、六番弟子H本君、七番弟子T尾さん、八番弟子M井さん、十番弟子M岡君、十一番弟子U城さん、十三番弟子U道さん、至誠館関大合気道サークルN山さんでした。

昨日の演武大祭の報告を稽古前に行い、TJさんが最優秀演武賞受賞の報告をさせていただきました。演武大祭でうれしかった事はTJさんの受賞は当然の事ながら、たった一年半の歴史しかない眞武館の門下生の皆がそれぞれ気合の入った見ごたえのある演武をしていただけた事と、関大サークルのN山さんも含めて、普段眞武館で稽古されている門人の皆さんの技のいたるところに眞武館らしさ、つまり、私の技に良く似た要素が表現されていて、多くの方に短期間に上達した事、しかも私の技にそっくりな事をお褒め頂いた事が誇りでも有りもっともうれしかった事でした。

本日の稽古は、見学者や体験稽古の方もおられたので、最初に行う体の転換の意義として、奥義である「入り身転換術」を最初に行うと共に「徒に競い合わない」と言う合気道の本来の目的、「正勝吾勝勝速日」即ち「眞武の心」について理解していただいた上で入念に体の転換の稽古を行っていただきました。

続いて相半身交差持ち一教押え込みを履修していただきました。この間に初心者の方々には前受身と後受身の稽古もおこなっていただき、押え込み技を私と共に行っていただきました。

続く休憩時間には、次のイベントである11月6日の島本町文化祭での合気抜刀術披露の稽古を出場予定者であるK藤君、S木さん、H本君、T尾さん、M岡君に行っていただきました。

今日の稽古の後は本番まで島本道場での稽古が無いので不安ですが、まあ、何とか成るでしょう。

続いて相半身交差持ちからの入り身投げを行い、最後に昇級者としてN山さんに一級、K藤君に2級の印可状授与を行い本日の稽古を終えました。

二回目の体験稽古のH田さんが新規入門される事になりました。15番弟子と成られます。今後ともよろしくお願い致します。

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=439時間/186日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。