島本町文化祭参加者説明会

本日は、合気道稽古の無い木曜日でしたが、島本町の今年度の文化祭の参加者説明会でしたので、島本町立ふれあいセンターのケリアホールへ会社退社後に参りました。

島本町の文化祭は昨年始めて参加させて頂き、合気道についての説明演武を披露させて頂いたのですが、結構好評で、この説明演武をみて十番弟子M岡君は入門してくださったそうです。

今年の実行委員は、昨年の参加者の中から自主的に立候補された方々による本当の意味での住民による手作り文化祭となります。舞台の部も昨年華麗なダンスを披露されたチームの先生で、私が手の上げ下げだけで大きな空間を表現されていると、その舞の姿にオーラを感じたとしてこのブログに記述させていただいた方が部長を勤められるとの事でした。

会議の中で、色々と議論もあったのですが、実行委員の方々が大変苦労をされて説明会までこぎつけられた進捗のご様子がよく分かりました。参加団体の代表者が全員一致して実行委員会の方々にご協力させていただく雰囲気が出来上がりました。流石に一つの団体を指導され、そのお姿からオーラが出ておられる方の会議の進行はすばらしいと感心させられました。会社の仕事でもこのように運びたいものです。

残念な事に昨年使った住民ホールが今年はつかえず、新しいのですが、舞台面積の狭いケリアホールでの舞台発表となります。大人数のダンスの部等は一部のチームが市役所広場での屋外パフォーマンスに移られたようです。

設備は新しくNHKホール並みの装置もついているそうですが節電となにより運営する技術者がいないと言う事で全機能は利用できないとの事です。

今年11月6日の文化祭本番、昨年のように是非成功させたいものです。今年は木剣を使った説明演武をさせていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。