高槻市民合気道教室(20110910)

本日は、朝10時から12時までの高槻市立芝生体育館と午後1時から5時までの同じく高槻市立古曽部防災公園体育館での高槻市合気道連盟主催市民公開合気道教室の稽古日でした。

午前中は、門川師範のご指導での稽古でしたが、本年正月明けから病気療養中でお休みだった至誠館のO地さんが稽古復帰されました。先日のI堀さんにつづいての難病からの復帰者となり、このような大病からの復帰者はT橋先生も含めて3名に成ります。

元気に以前と変わらぬ稽古をされるO地さんを拝見して安心致しました。矢張り合気道を一生懸命稽古されておられる方々は病魔にも強い強靭な精神と肉体を得られるようです。

昼からの古曽部での合気道教室には、午前中から稽古参加してくれた眞武館一番弟子K藤君と七番弟子T尾さん、高校生の至誠館K藤君、OKさんでした。

280本のいつもの準備体操後、杖回しと280本の杖素振り杖捌きを経て、杖を持っての礼法、剣を持った場合の礼法の実技練習を行い、合気道眞武館式抜刀型に続いて、31式型杖、門川師範直伝の組杖と眞武館式組杖、逆半身片手柄押さえ抜刀腹切り三教呼吸投げ、相半身交差柄押さえ抜刀入り身投げの稽古をおこなった。

昨日までの海外出張の疲れも残っていましたが、4日ぶりの合気道の稽古での6時間に及ぶ稽古を楽しく終えました。

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=352時間/158日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。