船出の日

新しい部門としての船出の日となった本日、朝一番に部下達への辞令交付式が執り行われた。

やはり、色々と準備不足もあった。全員の名刺と日付印を用意していたのだが、滋賀工場駐在分が漏れていた。

部長印は用意したが保管用鍵付き印鑑ケースが間に合わなかった。

社規・社標準等の改定は準備万端整っていた。

新たに二つの課を配下に置いたのだが、構成員はこれまで一つの課として課業をこなして来た為、新たな職制での業務フローが変わり、席替えもしたので業務がなかなかしっくり来ない。

私自身は、これまで次長職兼任課長だったので部長となり多くの業務を配下に委譲し、急に手元の日常業務が無くなり、検印しなければならない書類や、電子承認の数も激減するはずであったが・・・・本日のところは今まで通りの仕事量である。

取引先からの就任祝いの電報も何通か頂いたが、やはりあまり実感が無い。

仕事は自分で作るものなので自分が動かないと部長職としての仕事を全う出来ない。やはり、ここは受身ではなく自ら動かなければ新部門を立ち上げた意味が無い。

一つ一つ着実に、一歩一歩確実に前進していきたい。

さあ、明日の日経朝刊が楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。