古曽部合気道教室(2011.05.29)

今日は、高槻市立古曽部防災スポーツ公園体育館での合気道教室指導の日でした。

体育館に朝9時前に到着すると至誠館のS木さんが血相を変えて「師範、受付で今日の教室午後の利用予約になっていると言われました」との事。

受付で伺ってみるとたぶんスポーツ振興課のミスで午後と午前をまちがえており、既にいつも利用しているサブアリーナにはバスケットボールが入っているとの事。

抗議した結果、ソフトマットをいつも格納している倉庫の裏にある大会議室を借りることになった。大変な手違いと言うことで体育館からスポーツ振興課長にも連絡が行き、駆けつけてくださった。体育館職員の方と共に丁重なお詫びと今後のミス登録の修正を約束して頂いた。

その後の知らせで、合気道連盟として年間予約を入れた際の通知にミスがあったので訂正依頼をしたものが、予約受付の連絡や料金案内一覧には反映されていたが大阪府のスポーツ施設利用予約登録システムであるオーパスの修正が出来ていなかったとの事。

体育館職員の皆さんには大汗をかいて頂いて会議室の机や椅子を出し入れして頂き、本当にお世話になりました。ただ、折角皆さんにお骨折りいただいたのですが台風に伴う雨風で参加者が先ほどの至誠館のS木さんとN江さんのお二人だけだったのが、少し申し訳なく思われました。

稽古の方はお二人だけと言うことで、最近熱を入れて指導させて頂いている、入り身転換術としての「体の転換」と体捌きを入れた相半身交差持ち一教押え込みをじっくりと研鑽し、一教押え込みから入り身投げにつなげ、座技呼吸法で稽古を終えました。

今日も少人数でじっくりと理合いの説明を行ったうえでお教えでき、お二人も満足いただけたとの事でしたのでうれしく思いました。少人数ならではの稽古法というものがあり、最近はこれが上手くいっているように思えます。

雨の中、S木さんを阪急高槻市駅にお送りし、帰宅いたしました。帰宅後は、昨日に続き取りだめたビデオを鑑賞して一日を終えました。

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=260.5時間/101日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。