合気道:眞武館日立金属道場稽古指導

本日は、合気道眞武館の日立金属道場での稽古指導でした。

稽古前にご病気で今月一杯休会中の七番弟子T尾さんが私が来るのを待ち構えておられました。精密検査の結果が出たとの事で、若干の不具合は見られたが病気というほどの問題は無くしばらく安静にしていれば大丈夫との事でした。昨年関東から転勤されてきて、すぐに入門いただき、それ以来毎日合気道の稽古をされ、当初はなれない単身赴任で、奥様が遅れて来阪され、それ以来、おめでたいことも色々あり、この半年は人生の中でもものすごく色々な事のあった忘れられない半年となったと思われます。また、症状が出たときは、サバイバル稽古できつい稽古をされた翌日も朝からの稽古にも参加され、その翌日は昇級審査と無理が祟った事は間違い無いようです。結果的には重篤な病気でなく本当によかったと思います。毎日稽古をご一緒して、毎日お顔を拝見しており、心配しておりました私にとりましても安心させられました。

まあ、毎日いかつい私と顔を合わしていた事が一番の心労だったのかもしれませんが・・・
(^o^)b

T尾さんは検査結果のご報告後帰宅されましたので、今日の合気道眞武館の稽古の参加者は、二番弟子S木さん、六番弟子H本君、十番弟子M岡君、十四番弟子Y山さんでした。

今日も、体の転換を膝行での体の転換を含め一時間近くじっくり時間を掛けて履修し、相半身交差持ち一教押え込み、天地投げ、座技呼吸法と稽古を致しました。基本稽古が続きますが、合気道上達の王道は基本形この繰り返しだと思いますので、あせらずにしっかり着いて来て下さい。

帰りは雨がひどかったので、いつものJRでは無く、近くの阪急水無瀬駅から阪急電車で高槻市駅まで戻りました。

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=254.5時間/99日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。