合気道:市民公開合気道教室指導

今日は、午前中の芝生体育館、午後の古曽部防災公園体育館での合せて7時間に及ぶ合気道三昧の日でした。

今日は、門川師範が同志社大学のOB合同練習へのご参加のためお休みでしたので午前も午後も一日合気道指導となりました。島根県に転勤された同志社合気道部のN村コーチも合同練習参加のために研修地の埼玉から夜行バスで朝一番に高槻入りされ久しぶりとなる朝一番合気杖の教室から午前中の一般稽古まで参加いただけました。

朝一番の合気杖の教室では、杖素振り260本の後、31式型杖を行い、杖取り正面打ち入り身投げで稽古を閉めました。

続く一般稽古では、サバイバル稽古での門川師範ご指摘、ご指導のあった体の転換について一を知って十を知る型稽古として、また、約束稽古としての面から詳細にわたる稽古をおこなった。体の転換の効用として、正面突きや顔面へのパンチ、正面打ちなどの攻撃に対する応用が出来る様な約束稽古としての理合いを説明し、同時にそれぞれの攻撃に対する技の稽古を行った。また、サバイバル稽古の題目として門川師範が本来上げられておられた正面打ちと横面打ちの打ち方について剣の理合いから説明し、約束稽古、組稽古を受けと取りとで良い稽古にするためにもそれぞれの決められた攻撃方法をきちんと行うことの大切さを説明し、その稽古を行うために正面打ち一教押え込み、正面打ち二教押え込みを行い、体の転換との関連付けにより横面打ち四方投げを横面打ちに対する外転換、内転換の両方から行う稽古を行いました。

正面突きに対する外転換からの小手返しも体の転換の応用として行ってみました。

木曜日の眞武館で行ったうち転換と外転換を応用した、横面打ち多人数掛けの稽古で午前の稽古を終えました。

午後の古曽部での稽古では、280本の杖素振り稽古のあと杖での横面打ち素振りと組杖での膝行の稽古、31式組杖を想定した取りと受けの型杖素振りを行い、突き、横面、八双返し、横面、下段後ろ突き、下段返しでの組み杖をを行いました。

杖対杖での音無しの剣の理合いによる正面打ち側転入り身投げ等を行い今日の稽古を終えました。

(2011年本日までの稽古時間/稽古日数=237時間/91日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。