芝生体育館合気道教室

本日は、高槻市立芝生体育館での市民公開合気道教室の日でした。
朝9時に始まる、合気杖の指導には、至誠館関大合気道サークルN山さんと同じく至誠館のT居さんのみの参加となりました。

いつもの通り、準備体操の後、杖振りをおこない、その後、260本の杖素振り、杖を用いての膝行練習を行なった。

杖正面打ちからの入身投げを行い本日の合気杖の稽古を終えました。

10時からの門川師範ご指導による一般稽古では、先日来稽古を続けている正面打ちからの一教押え込みに対する返し技を稽古いたしました。

本日は、他道場から初めて参加された無級の初心者の方や、この合気道教室に数ヶ月通われておられる同じくビギナーの方の技を見させていただきましたが、いずれの方も基本の合気動作がほぼ出来ておられるのではじめての技であってもなかなかお上手にこなされておられました。

やはり成長の早い方は、基本の合気動作がしっかり出来ておられます。眞武館の稽古も技のバラエティーをお教えするよりもまずは基本動作を身に付ける事が出来るような稽古の流れにする事が肝要だと思いました。

習い事の王道は基本が大事だということでしょう。基本動作がしっかり出来ればその上に武産合気でいくらでも技の数は増やしていけます。しっかりとした、手腰足が一致した、自己の魂と魄が結ばれた合気動作が本当の合気道の研鑽の道に導いてくれると信じて指導していきたいと思います。

(2011年本日までの稽古時間/稽古日数=162.5時間/64日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。