合気道:眞武館日立金属道場稽古

本日は、眞武館日立金属道場での稽古指導でした。

稽古の参加は、一番弟子K藤君、二番弟子S木さん、仮入門M岡君、至誠館関大合気道サークルN山さんでした。

今日の稽古は23日に執り行われる門川師範ご指導のサバイバル稽古の予習としました。

正面打ちと横面打ちについて基礎動作を身に着けていただきました。全員が参加出来る訳ではありませんが、予習を行っておくことによって門川師範のご指導をより深く学んでいただこうという目論見です。

正面打ち素振りと横面打ち素振り、横面打ちを取り入れた体の転換術を行いました。

眞武館は平素から武器技も徒手技と同じく稽古を行う事を信条と致しておりますので、短刀による正面打ち一教押さえ込みと二教押さえ込み、五教短刀取りを行いました。

膝行の基本動作の稽古の後、座技正面打ち一教押さえ込み、二教押さえ込みの履修も行いました。

最後に今月予定している昇級審査に備えて、交差持ちからの一教、二教、三教、四教それぞれの押さえ込み技についてポイントを教示し、それぞれ二人一組で稽古していただきました。

今月の進級審査は四級を除いて一級から五級まで執り行う予定です。皆さんがんばってください。

(2011年本日までの稽古時間/稽古日数=159.5時間/63日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。