上には上が・・・

今日は今年に入ってはじめての7時間稽古の日となった。仕事が忙しくてなかなか参加できなかった土曜日の芝生体育館での合気道教室にやっと参加できた。朝9時からの杖の指導も年末以来だ。

N山さん、T居さん、K上さん、S田さん、N村さんが杖の稽古に参加していただけた。K上さんも今年初めての芝生体育館だったそうだ。体育館の寒さを吹き飛ばすように杖の素振りを入念に気合を入れていただいて稽古した。20分近くの連続素振りで大汗をかく事が出来た。

10時からの門川師範による一般稽古でも汗を十分にかき、午後に備えた。

13時丁度に古曽部防災公園体育館に入り、ここでも入念に杖・剣の素振りを気合と共に行なった。至誠館のT居さん、伊賀上野に転勤になったM島君、高校生のK藤君、O本君、久しぶりの関大サークルOBのM田君、同志社のN村コーチ、K藤さん、松坂屋道場のI東さん、六番弟子H本君と私の10名での稽古となった。参加人数が二桁になるのは久しぶりである。

一対一の稽古を中心に杖取り、剣取り、短刀取りと徒手技を交えて、其々の観点や理合いから同じ技を比較検討する手法での稽古を行なった。最近ではこの稽古法に自信が出てきた。合気道の理合探求に非常に有効だと思う。しばらくはこの手法を信じて理合探求にのめりこみたい。

さて、タイトルの「上には上が・・・」であるが、今日は7時間稽古でたっぷり稽古したのだが、上には上が居て、伊賀上野に転勤になられた関大合気道部元主将のM島君だが、古曽部での稽古が終わって、並んだバイクで帰宅準備をしながら会話をしたのだが、これから伊賀上野に帰るとの事。ただ帰るだけではなく、19時の稽古に間に合うので名張市の道場の稽古に参加するとの事。上には上が居るものである・・・・合気道好きも極まった感がある。

さあ、明日は待ちに待った(財)大阪合気会での指導者研鑽会である。7時間稽古の疲れを出さない様に、帰宅と同時に入浴し、明日に備えた。

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=53時間/22日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。