えらいこっちゃ4

悪いときには悪い事が重なるもので、えらいこっちゃの話題も4日連続となった。

今度は、古曽部防災公園体育館である。

朝一番に体育館に着くと、職員の方が、マットの三分の一を週一回の体操教室の為、一階のメインアリーナの倉庫に持って降りたとの事。今日は、床置きの三分の一と台車置きの三分の一を使ってくれとの事。床置きの三分の一を台車に乗せ換えていたのでは一人での準備だけで一時間近くかかってしまう。

職員の方に抗議して台車に職員の方のほうで積み替えていただくと共に、サブアリーナ全面使用の料金を負担しているのに、マットの三分の一が恒常的に使えなくなるのは、体育館発足時の約束と違うと抗議した、

そもそも、サブアリーナ横の倉庫に保管していただく約束が、倉庫が一杯になったので同じフロアだが離れたメインアリーナ観覧席横の倉庫を使って欲しいと言う要請で台車にマットを載せて保管することを条件に了承した。

その後、台車の数が足りないので三分の一を床置きにして欲しいと追加要請があったので毎回全面使用しているわけでもないので了承した。

今度はその三分の一を体操用に転用する為に恒常的に一階下のメインアリーナ倉庫に移し、エレベーターに台車が乗らないので運ぶときは人数を用意するか、事前に使用する旨を伝えて欲しいとの事。

なんだか最近の中国のように既得権を少しずつ実績を積んで剥奪していかれるようだ。そもそも連盟として柔道場の設置を要請していたが、その代わりにマットを使えと言う事だったので、サブアリーナ全面使用が出来るマット数を用意願ったはず。その上で毎週サブアリーナ全面使用の料金を負担している。来週からは全面にマットを敷いて利用することにした。

なんら連絡もなくこのような条件変更は納得がいかない。市当局へ正式に抗議する予定である。

教室自体は、次男の協力で母校のツーリングチーム「フライングサン」から次男と女性後輩、見学者、至誠館からT居さん、O本さん、TwoKingHeadさんの奥様、S木さんが参加頂き、眞武館生が居ないのが寂しかったが、杖の稽古を交えてきっちり稽古ができた。

順調だった空気が最近急に逆境に変わったようだ。

  1. 師範!!記念写真ほんとうにありがとうございました!!
    大丈夫です!!逆境は、きっと幸運に変わるはずです!!
    だって、我が眞武館の稽古できる場所も見つかったじゃないですか!!
    神様は、誠実に努力する人を、必ず見守って下さいます!!
    そう信じて、私も、頑張ります!!
    もう一つの、「冥途の土産」を、頂けるまで・・・!!

    • 励ましありがとうございます。
      そうですね、これだけ一生懸命しているのですから・・・・

      でも、努力に終わりはありませんので、逆境を楽しみながら頑張って行きたいと思います。

      おかげさまでT尾さんのご尽力もあり新たな展開も開けそうです。

      これからもご一緒に頑張ってまいりましょうね(^o^)y

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。