合気道 体の転換と磐石な歩み(20191017)

昨夜は 合気道 「眞武館」ふれあいセンター道場での 合気道 指導日でした。昨日は「体の転換」での「取り」と「受け」双方の「磐石な歩み」について徹底的に稽古して頂きました。さて、皆さんは「体の転換」を大事に稽古されておられますか?合気道 では最初に奥義である「体の転換」から稽古を始めるとされています。

合気道 と良い姿勢

「武道をたしなむと姿勢が良くなる」とよく耳に致しますが、これには前提条件があります。良い姿勢になろうと言う意識を持って稽古に臨むことが肝要です。

では良い姿勢とはどんなものなのでしょうか。昨夜の稽古における「磐石な歩み」の他に「磐石な立ち姿」や「座り方」などの「立ち居振舞い」全般を通して意識を持って稽古を行うべきです。

これらが「 合気道 の基礎動作」のベースになります。「脱力(抜き)」や「気結び」もここが入り口です。正にベースのベースです。

昨夜はこのような意識付けについても気付きを頂けていれば大成功です。

次回の稽古でもこのような意識付けを行って参りたいと思います。

2019年の稽古日数と稽古時間:107日/292時間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。