第16回高槻市合気道連盟演武大祭

本日は、第16回高槻市合気道連盟演武大祭が催されました。

出演44演武、参加大学合気道部7クラブとなり、120名強が演武に参加し、懇親会の参加者は100名弱と成りました。

眞武館から出演の一番弟子K藤君と七番弟子T尾さんもすばらしい演武を披露して頂けました。K藤君のご両親にもお会いでき、彼の優秀さをお伝えできたので何よりでした。

私の方も何とか満足のいく演武ができました。受けをとっていただけた5名の至誠館と眞武館の門下生の方々には、「やさしくゆっくりとやります。」といいながら、結局、後でビデオを見てみるとゆっくりではありましたが、結構かなり受けの厳しい技になっており申し訳ないと共に、本当にありがとうございました。前日まで飛び受身に自信が無かったり、全く出来なかったお二人も無理やり投げてしまいましたが上手く飛び受身出来ていましたよ。受身の基本が出来ていればあのように見事に受けられるものです。ただし、稽古の時は相手の技量によっては危険ですので明日以降の稽古時は慎重にお願いします。

門川師範には、他の方の演武解説時にも私の名や指導について何度も触れていただき、本当にありがとうございました。眞武館の大きな宣伝になりました。また、杖の教室生や至誠館の門下生のご家族の方々にもご挨拶を賜り、本当にありがたい一日でした。

次は31日の財団法人大阪合気会の吹田市洗心館での演武会です。
同志社大学一年生のI君に受けをお願いいたしましたので眞武館の門弟を引き連れて、皆で頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。