合気道 修理に出しました(20190612)

先だってご報告した愛車BENZ C180アバンギャルドの車体傷ですが、昨日家内が修理に出しました。以前私が修復した部分は少し塗装色が合っていなかったので、この部分も塗装し直していただき、新たなへこみのアルミ板金と塗装込みで10日間、十五万円弱で修理できるそうです。以前の五十五万円の見積りはなんだったのでしょうか?

今回は市内の大手の自動車修理販売会社に頼むことにしました。ここは、以前にも修理や車検をお願いしたことがある良い会社です。ベンツ大手代理店さんとは大違いの見積りです。

いずれにせよ、これから10日間は、とある国産車の代車を利用する事になりましたが、愛車との乗り心地のあまりにも大きな隔たりに驚かされました。

助手席ですが、直ぐにお尻が痛くなり、腰のサポートも悪く、15分弱の乗車で腰が痛くなりそうです。長時間の乗車は避けたい気分です。

やはりメモリ付きの電動でスポーツ仕様のバケットタイプでオットマンや腰サポート調整機能付きの愛車の座り心地の良さを再認識させられました。

修理から戻りましたら、以前にもまして大事に乗っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。