演武の稽古二日目(20170904)

昨夜は、合気道「眞武館」島本道場での合気道指導日でした。

先週木曜日に続いて、10月から始まる三つの演武大会に向けての稽古と致しました。

稽古参加者は、T尾さん、M田さん、H田さんの3名だけの久しぶりの少数精鋭での稽古となりました。

最初の30分間は、近々5級審査実施予定のH田さんだけでしたのでじっくりと「体の転換」の稽古を致しました。

途中からM田さんが来られましたので、合流いただき、和合の御業としての「体の転換」を徹底して指導させていただきました。

T尾さんがお出でになられるまでには、手、足や膝の力が抜け、入り身もしっかりと出来た見間違えるような、見事な「体の転換」に仕上がっていただけました。やはりマンツーマンでお教えできると、のみ込みも早いようです。少数精鋭での稽古のたまものです。

その後は、「相半身一教腕抑え」を、表技と裏技を4名で掛り稽古のような形で稽古頂きました。

なるべく「大きく、丸く、ゆっくりと」を守っていただきながら、基礎動作をしっかりと体現しながらの稽古と致しました。

最後に「座技呼吸法」で「抜き」と「ぶつかり」の稽古を行って、昨夜の稽古を終えました。

事務連絡:演武会への参加申し込みの締め切りが迫っておりますので、今度の木曜日のふれあいセンタ-道場で参加者を確定したいと思います。参加希望の方は、LINE経由等でも結構ですのでお申し出ください。現在は、私のほかは、T尾さんとM田さんが参加予定です。

2017年の本日迄の稽古時間/稽古日数293時間/100日<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。