JINS PCメガネ(20170711)

先だっての「飛蚊症」発症以来、表題の「JINSメガネのPCメガネ」を常時着用しています。

2年ほど前の事ですが、今は改善した左目の「飛蚊症」発症時に今回と同じ眼科医で件の「PCメガネ」の効用についてお話をお伺いしましたが、「老化による水晶体の濁りが原因で、老化によって水晶体に既に不純物の量が増えていて、この不純物がフィルターの役目を果たし、年齢の高い方々は、ブルーライトを自然に防いでいますから、PC眼鏡は無意味です。気休めでかけられてもいいですが」と言うお答えでした。ですから当時買ったばかりのPCメガネも、この2年間は、たまにかける程度になっておりました。

今回の右目発症後、いろいろと調べて参りますと、本当は「飛蚊症の発症の主な原因は老化により水晶体中の抗酸化物質のルテインが減少してブルーライト等の刺激により「活性酸素」が発生し、水晶体が酸化して濁ったり不純物を生成するので、PC作業が多い年配の方は、出来るだけブルーライトをフィルターリングするPCメガネを着用するべき。」と言うのが正解のようです。真逆です。ITの専門部門でり、最近は、大型プロジクトの大一番で毎日500通前後のシステムテストの課題メールに目を通す私にとっては、当時せっかく購入したPC眼鏡をもっと愛用していれば、今回の症状は発症しなかったかもしれません。

この医師が説明された「飛蚊症は一生治らない」と言うのも眉唾物で、前回の左目は直ぐに回復して、完全に2年間、飛蚊症は再発しておりません。また、今回の右目も一生治らない割には、随分と軽減してきております。

やはり眼科医を変えた方がよさそうです。医者選びは大切です。この眼科のそばに「飛蚊症治療」をうたった新しい眼科医も出来ていますのでそちらに時間の都合がつけば転院したいと思います。

今の眼科医は、「病気ではないので、治療用の目薬も飲み薬も無く、治療法もありません。」とのお話でした。信用できません。

そこで、昨夜、高槻西武ショッピングモールのJINSメガネ閉店時間ぎりぎりに間に合うように会社を慌てて退社し、JRに飛び乗ってPCメガネを新調しました。閉店の10分前にようやくたどり着きました。(笑)

数年前から使っていたものは、少し派手でカジュアルすぎて私には似合わないのとブルーライトの遮蔽率も40%た中クラスでしたので、職場で利用しても違和感のないおとなしいデザインのものでブルーライトの遮蔽率も60%の物に買い替えました。

かなりレンズの色が濃く、サングラスに近いのですが、このレンズの色のお陰で、以前の40%遮断の物より飛蚊症の影が同化して薄くなり、あまり気にならなくなりました。それだけでも目が疲れず効果があります。

高槻西武ショッピングモールまで家内に迎えに来てもらい、ラーメンの「無尽蔵」で一緒に夕食を食して帰宅しました。ちょうど毎月11日はラーメンの日の特価ラーメンがありましたのでおいしく頂きました。

さて、本日も件のPCメガネを着用して仕事に臨んでおります。本日も暑く、多忙な日となりますが、このメガネを頼りに一日頑張って参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。