合気道の武器技(20170424)

昨夜は、合気道「眞武館」島本道場での合気道指導日でした。

昨夜は、T尾さんのお知り合いのO根さんが久しぶりに二回目の体験稽古にお出で頂けました。ところが、肝心のT尾さんは、昨夜はお休みでした。

我が合気道「眞武館」道場は、平素から武器技の稽古を行っているのが信条ですが、昨夜は終始武器取り技の稽古とさせていただきました。

ただし、単に武器を使った技の稽古を行うのではなく、「入り身転換反射道」での武器技としての稽古を目指しました。

基本の動作は「体の転換」です。つまり、「入り身転換術」を駆使し、「入り身転換反射道」の理合で行う武器取り技としました。

最初は、何時もの通り杖を用いた手首の鍛錬や杖回し、杖捌き、杖素振りから始め、木剣での正面打ち素振りや、「前後斬り返し正面打ち体の転換」、「左右斬り返し正面打ち体捌き」の準備運動を行った後に、「体の転換」の理合を体現するための「正面突き二度突き体の転換」を「入り身転換反射道」基礎動作の稽古として入念に行って頂きました。

その後、「正面突き二度突き小手返し」、「正面突き二度突き短刀取り小手返し」、「正面打ち二度打ち剣取り四方投げ」へと展開しました。その間、入り身投げ後の剣の納刀方法を伝授しました。

最後に体の転換を行わない技として、抜刀時に両手取りで両腕の動きを抑えられた場合に行う「両手取り抜刀天地投げ」の稽古をして昨夜の稽古を終えました。

気候が良くなり、合気道の稽古もこれ迄よりもよりすがすがしい気持ちで終える事が出来ます。合気道のお陰で多忙な一日の疲れを癒す事が出来、昨夜は珍しく11時前にはぐっすりと就寝できました。

2017年の本日迄の稽古時間/稽古日数140時間/48日

 

  1. Nobuhiko Mochida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。