雨と桜(20170412)

20170412桜 20170412桜三寒四温の季節の変わり目でもある為なのか、桜花開く今の季節は毎年雨が降ります。また、春の嵐のような強風も吹いたりします。その為、折角咲いた桜花も直ぐにピンクの絨毯を町中に敷き詰める事になり、花見ができるのかと多くの人々をヤキモキさせます。

ただ、振り返ってみると大抵桜は頑張ってその満開の時期を維持して、毎年花見客の目を喜ばせてくれます。

一気に花咲き、潔く散る。日本人の気性にもあっていると、我が日本の国花とされております。

実は国花を定めた法令はないそうで、一般的に日本の国花は桜と菊とされているそうです。

一昨日来の雨や強風にも耐えて、今日も満開の桜並木が早朝出社の目を楽しませてくれます。通勤の車窓からは桜の花のトンネルを早朝から散策する老夫婦の姿が和やかな気持ちにさせてくれました。

画像は我社周辺の桜並木です。新入社員の初々しさと共に毎年春の季節を味わわさせてくれる風物詩です。

さて、今日もこの桜に元気づけられて一日頑張りたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。