感染性胃腸炎(20170302)

気が付くと明日は桃の節句なのですね。今年も時が過ぎるのがものすごく早いと感じるのは歳のせいでしょうか?

一年の感じる長さは(1÷年齢)と言う自論を持っています。つまり二歳児は、既に生まれたばかりの赤子の一年の半分の感覚で一年を過ごしており、私は(1÷58年と10カ月)と言う感覚で一年を過ごしているのでしょう。

さて、表題の「感染性胃腸炎」ですが、我社では大流行の兆しがあるようで、安全衛生部門から「手洗いうがいの励行」についての通達もありました。

私自身も2週間前の土曜日の昼食後に激しい「胃痛」に襲われ、体温も38.5度から36.7度前後までを行ったり来たりを繰り替えしておりました。日曜日深夜までそのような状態が続き、月曜日には医者に行こうと思っていたのですが、月曜の起床時には35.8度と私の平熱に下がっており、胃痛もきれいさっぱり消え去っていたのでそのまま出社して本日に至ります。

結局、大切な休みの間を苦しんだだけで、仕事や合気道の指導の方には影響がありませんでした。(笑)

まだまだ、社内や出入り業者の方々にも同様の体調不良を訴えてお休みを取られておられる方が多いようですので皆さんも外出先から帰宅した際などの「手洗いとうがい」は十分におこなってください。

私は、帰宅後は必ず「手洗いうがい」の際には、最後に消毒もして、其の上で洗面をしておりましたが、それでも感染してしまったようです。

インフルエンザの流行も少し峠を越したようでもありますが、まだまだ油断はできませんからウィルス感染予防の気を抜かないようにしなければなりません。

さて、本日は合気道「眞武館」ふれあいセンター道場での合気道指導日です。本日もそれを楽しみに体調管理を十分にしながら仕事に励みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。